バットマン

 

『バットマン』

 

 

でも”・“しかし”・“けど” を多く使う人は注意が必要です!

その人は、人の話を聞かない人だからです。

 

「しかしさ〜、こうだよ。」
「でも、そんなのできっこないよ。」
「だって、○○になるじゃん!」

“しかし”・“でも”・“だって”・“だが” を英語訳すると【But】

言葉の最初にこれが多い人を、私はアメリカンコミックに因んでバットマンといっています。

そして、会話が弾まず、時には、良い雰囲気ではなくなる場合があります。
特に、仕事のクレームを受ける時などはチョットした言動でも、その後の展開が大きく変わってきます。

バットマンさんは自己主張が強く、人の意見を受け入れない人が多いです。

 

 

 

かわりに、“うん”・“なるほど”・“そうだようね”・“わかるよ” を最初に使える人は、話がうまく盛り上がります。

 

相手の話を無条件に受け入れや同調、従ったりするということではありません。
まず、耳を傾ける。

「そういう考え方もあるよね。」と自分自身に改めて響きます。

ちょっと極端ですが、以前、何を言われても最後まで「うん、わかるよ。」、「うん、わかるよ」を言い続ける。

それ以外の言葉を発しない漫才がありました。
何度も何度も言うのですが、その時その時で微妙に抑揚が違うのです。

最後は、お互いに笑い始めます。
これも、結構使えるかもしれません。

面白いもので自然とバットマンさんは、バットマンさんだけで集まるようになるものです。

 

類は友を呼ぶ(引寄せの法則)

ありがとうございます。

 

 

 

 

 

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事