目標は立てるな

 

『目標は立てるな』

 

             

“目標を立てるな”というと・・・

“うそ〜?!”と思われるでしょう。

 

はい、何を言いたいかというと・・・

目標と目的を混同してしまうことに注意しましょう、ということです

 

目標は、実は一応あるのですが、使い方に注意が必要です。

 

“数字” “数字”!と叫ぶ管理職が多いです。

確かに数字がなければ成り立たないのは事実です。

 

しかし叫んでいるうち数字が目的になってしまっています。

数字が目的になると、前倒しをしたり先送りしたりして、見せかけの数字を作るようになります。

 

見せかけの数字で上司は喜ぶのです、当然良いわけはありませんね。

 

 

当社のGOTOCAR整備部門で、車検台数や粗利、目標数字があります。

たとえば月次の目標で車検台数が100台のように数字がありますが、月の途中で社長の私から、今の進捗率は?とかあと何台だ?と言ったことは最近(以前は毎朝ガミガミ言っていました)ありません。

 

言うとすると、「えっ、もうできちゃったの 」です。

たまにはその数字に行かないこともあります(めったにありませんが)。

その時はさらっと流すだけです。

皆よくわかっているので私から言う必要はありません。

 

そこで「進捗が悪い原因は何か?」などと聞いたとします。

返ってくる言葉は言い訳でしかありません。その時のスタッフさんのモチベーションはどうでしょうか、考えてください。

 

つまり、数字そのものが目的ではなく、その数字が出来たらどうなるかです。

信頼していれば大丈夫ですよ!

 

 

 

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事