プレゼン 3/3    プレゼンの構成

 

『プレゼン〜その3(全3話)〜 プレゼンの構成』

 

 

 

社内プレゼンはロジックで、社外は最初の掴みと共感

 

ここで【社内プレゼン】と【社外プレゼン】との構成を考えてみましょう。

 

社内プレゼン社外プレゼン

 

*対象者;問題意識願望を共有/共有しない        

 

*ゴール;決済・契約の獲得/次のアクション

 

*条件;シンプル+ロジカル/シンプル+ロジカル+感情

 

*所要時間;3〜5分/3〜5分

 

*資料数(6秒/枚);5〜9枚/30〜50枚

 

*文字数;少なく/極めて少なく

 

*ビジュアル;少なく/極めて少なく

 

*アニメーション;少なく/多く

 

 

全体の構成は

社内

“課題→原因→解決策→効果”

社外

“課題→原因→解決策→効果”に加えて、“共感→信頼→納得→決断”

 

社内では、明確な根拠やアンケートなどのデータを示し、本題にすぐに入ります。

 

そして、社外では、まず最初に印象的な写真やインパクトのある言葉で感情に訴え、共感を得ることが先決です。

 

また、人が集中できる時間が5分であることを念頭に、詳細説明はアペンディクス(質問)でうけるようにして、事前にしっかりと準備することが必要です。

 

例えば、時間が30分ある場合は、プレゼンに20分、あとの10分にアペンディクスをするのがベストです。

 

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事