ノートについて考える その3/3

 

『ノートについて考える その3(全3回)』

“黄金の3分割”  “フレームをつける”

 

ノートの話から少し離れますが、会議に焦点を当てます。

I Tの駆使を強くアピールしている社長革命ですが・・・

 

 

会議では、超アナログがおすすめ!

ホワイトボードに描くといいです。

ここでは、様々な意見が錯綜し、往々にして、会議の成果は司会者の技量に頼ることが多いからです。

 

→手順1;フレームに分ける

 

【事実のフレーム】

【解釈・課題のフレーム】

【解決策・行動のフレーム】

 

 

フレームをつけるだけで、論点が明確になり進行・結論が早くなります!

 

→手順2;を作る
 

→手順3;見出しをつける(大きなテーマをはっきりさせる)
 

→手順4;一つ一つの意見がどのフレームについて語っているか確認しながら進める

 

日常、会議が長引くのは事実と解釈、意見がごちゃごちゃでダラダラ進み、結局、解決策や結論が時間切れになってしまいます。

また、行動予定も決まりません。

 

話は簡単です!

「フレーム(枠)を作って入れるだけ」

 

【高橋政史著「頭がいい人はなぜ方眼ノートを使うのか」かんき出版】より

 

詳しくは、こちらの本が図解入りでわかりやすく書いてありお勧めです。

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事