天才たちの共通項

 

『天才たちの共通項』

 

 

社員やスタッフの育成にも、共通するお話です。

 
天才たちは幼少の頃、本人のやりたいことをしていた。

 

発明家のエジソンは、知りたがりで大人への質問攻め。

実験が好きで納屋を全焼させたこともあった。

 

父親は激しく怒っていたが、母親は、何かにつけエジソンを庇っていた。

 

 

昆虫研究家のファーブルは、学校を遅刻や欠席が多かった。

 

夕方、学校から連絡があり、お婆さんが、いつもの林に行くと昆虫を見ているファーブルがいた。

 

「もうお昼?」と言ったぐらい夢中になっていた。

 

しかし、決して叱らなかった。

 

 

美空ひばりの幼少の頃、戦争中の灯火管制の中、押入れで電気をつけて歌っていた。

 

12歳の子供に、愛だ恋の演歌を自由に歌わせた母親がいた。

 

つまり、幼少の頃、常識に囚われず本人の素質を最大限に引き出した。 

 

 

親や社会の常識や都合で、無理に頑張らせない。

徹底して本人のやりたいようにやらせた結果、天才が生まれるのです。

社員もその人間の得意分野を生かし活躍してもらうことが、会社としても本人も楽しい人生が送れ業績もUPする。

 

 

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事