車でいつも追突される人

 

『車でいつも追突される人』

 

今日のテーマは、車でいつも追突される人です。

このケースは、運転が上手い人が多いです。

 

それは意外と思いますよね。

では、何で追突されるのでしょうか?

 

 

実は、運転の上手い人は、後ろの車のことを考えずに止まったり、曲がったりするものですから、後ろの車が対応しきれないで衝突するケースが多いのです。 

 

運転の下手な人の車の後についている人は見ていれば分かるので、気をつけるので追突されません。

そのためなんと上手い人のほうが追突されることが多いのです。

 

以前、GOTOCARでも素晴らしい営業マンがいました。

 

イケメンで背も高くて丁寧、物腰も柔らかく運転も抜群に上手い!

その彼が、半年に一度ぐらい大きな事故を起こすのです。

ほとんどが追突されるのです。

 

彼の車に同乗してみて、そのことが後になってわかりました。

上手い人の後ろにつくときは、車間距離を開けて走るといいですね。

 

また、このような人は、普段は大人しくても、運転席に座ると性格がガラッと変わる人が多いです。

 

 

つまり、社長としては、普段と違う状況になったときに、どのような性格が湧き出てくるかを事前に検証して、人事配置する必要があります。

 

「部下を持ったら厳しくなる人」

「女性とはうまく仕事ができない人」

「多忙になると周りに気を使えなくなる人」

 

普段と違った状況で、様々な人間性が出てきます。

指摘しても変わらないようなら、積極的な配置転換が必要ですね。

 

優秀な従業員こそ、その人が生きる環境で仕事をさせてあげてみてください。

 

今では、自動ブレーキやドライブレコーダーが普及し始めたので、このような事故はどんどん減っていくでしょう。

 

 

 

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事