私は「頑張ります」は信じない 

 

『私は“頑張ります”は信じない』

 

“頑張ります”の言葉を信じてはいけない

 

「頑張ります」は、前向きでポジティブな言葉ですが、具体的な方針などがほとんど示されていません。

 

ですから、まともに受け取ってはいけません。

 

・「今度こそは頑張ります」

・「みんなで頑張ります」

・「今日も一日頑張ろう」朝礼などの標語 

 

日常的に、あちこちから聞こえてきます。

 

 

上司が部下に、 

「何やってんだ、もっと頑張れ!」

「お前は、頑張りが足りないのだ!」

 

これも、何をどうするのか具体性がまるでありません。

 

とても便利な言葉で、なんかやってくれると変にお互いに納得してしまいます。

 

そこで、ただ闇雲に「頑張る」ではなく工夫するのです。

 

今までより具体的に工夫し、アイディアを出す。

できれば、自分の得意分野や好きな分野に引き込んで行ったらどうでしょう。

 

好きで得意なことを楽しく工夫して徹底的にやる

 

一生懸命にやって、なんとかなった時代は終わったのです!
 

 

あえて私が掛け声をかけるとすると、今日も張り切っていきましょう!です。

 

 

 

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事