社員の言い訳

 

『社員の言い訳』

 

「社長、車をぶつけられました!」には、2通りある。

現場で長年自動車修理や保険に携わっていた経験から、面白いことが分かります。

 

 

「駐車中にぶつけられてしまいました」と言って修理に来る人は、ほとんど法人の車(つまり自分の車でない)で、異口同音に「駐車して乗ろうとしたら傷があった」です。

 

おそらく想像ですが、2つのケースがあります。

 

(1)本当に駐車しておいてやられてしまうケース

 

このほとんどは入り口の近くや曲がり角、狭いスペースなど当てられやすいところにかまわず駐車してしまう人です。

 

ちなみに、私は駐車するときに、運転の苦手な人が隣に駐車したら…と考えて止めます。(止めてある車の止め方も見ます)

 

お陰で、48年間駐車中に当てられたことはありません。

 

(2)自分でぶつけたのだが知らない人のせいにするケース 

 

実は、私が現役の頃、鈑金塗装の依頼を法人の営業担当者などから受けた際、半数以上はこれでした。プロは傷をみると分かるのですが、余計なことは言いませんでしたよ(笑)

                   

 

 

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事