川に落とされた良寛さん

 

『川に落とされた良寛さん』

 

江戸後期の禅僧、良寛の「ゼロ思考」のお話です。

 

 

〜良寛の名声をねたむ一人の船頭がいました。
その船頭は、良寛が舟に乗ったとき、川の真ん中でわざと大きく舟を揺らしました。

良寛は、川の中に投げ出され溺れます。 

しかし、船頭を恨むこともなく運命を甘んじて受け入れ、死に向かいます。

その泰然たる様子に、さすがに船頭は良寛を舟に引き上げます。
そこで、引き揚げられた和尚は、何と言ったか?

「命を助けてくれてありがとう。あなたは私の命の恩人です。このご恩は決して忘れません。」と手を合わせたというのです。〜

 

 

一見、プラス思考のように思えるかもしれません。

 

でも、良寛和尚は突き落とされたことをマイナスにもプラスにも解釈するのではなく、ただ水の中に投げ出された事実と一緒にいたのです。

そして、船頭のその後の人生にとてつもない影響を与えました。
良寛は、自分のためにプラス思考をしたのではないのです。

マイナスでもプラスでもない「ゼロ思考」をまず、することができたのです。
       

“ただ、事実を事実として、受け入れる”

経営者としても人としても、「いいも、悪いもない、ただ事実があるだけ」と思えると、人生がいかに楽しく楽になるのです。

 

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事