屋台ラーメンおやじ物語〜第三話〜

 

『屋台ラーメンおやじ物語〜第三話〜』

 

 

昨日の暗い営業マン。

心に一筋の光が‥

 

「へい、いらっしゃい!」
「よ、お客さん。いやぁ、嬉しいね〜来てくれて。」
「今日も専用ラーメンでいい?えっ、普通の?普通でいいの??」
「あっそ。」


いつものように、大将はこの前と同じく楽しそうにしている。

身振り手振りを交えながら「世界で一つだけの花」を口ずさみ、ツーコーラスを歌いながら、ラーメンをゆっくり作った。

しかし、歌詞は「ありがとう」の連続であった。

「へい、お待ちぃ!」
「今日も美味しいよ、熱いからね。チャーシューはサービスだぜ。」

「どうだい、うめーだろー。」
「うちのラーメンはね、実は、そのときによって味が変わるんだ。作り手の気持ちと食べ手の気持ちで。。」

 

 

大将は、なんとなく客の目頭に光るものを感じ、しゃがんで器を洗い始めた。

同じ歌を歌いながら。。。

「ありがとう。おつゆまで全部食べてくれて嬉しいよ!」

「はい、600円ちょうどね。また、今の時間来てね!今度の味が楽しみさ。」

「ありがとう。」

 

 

 

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事