屋台ラーメンおやじ物語〜第二話〜

 

『 屋台ラーメンおやじ物語〜第二話〜』

 

今日は、暗いお客さんの話です。

 

暗い顔した初めてのお客さんが、何も言わずにうなだれて座っています。

「いらっしゃい!ラーメンでいいですか?」
「‥‥。」(お客)

「ラーメンでいいよね。うちはラーメン屋だから。ヨッシャ!」

 

「ちょっと時間かかるけどいいかな?じっくり味を仕込むのに時間が必要なんだ。遅いからって帰っちゃだめだよ、お客さん専用のラーメンだから。」

 

「うちのラーメンは不思議なラーメンと言われているんだ。」

大将は、楽しそうに身振り手振りを交えて“世界で一つだけの花”を口ずさみながら、2コーラスを歌いラーメンをゆっくり作りました。

 

 

「へい、お待ちぃ!」
「世界で一つだけのラーメン、美味いよ~!」

「食べて8時間過ぎると、不思議さがわかるラーメンの出来上がり!チャーシュー1枚サービスしといたから。」

「どう、美味かったろ。」
「‥‥。」(お客)

「ん? 1000円?」  
「はい、おつり400円!」

「今の時間、うちはお客こないんだ。だから、ゆっくり時間かけて専用ラーメンも作れる。明日も待ってるよ!」
「売上に貢献してよ、!きっとだぜ。」

大将は シャイに「ご来店ありがとう」と言います。

 

さて、その暗い営業マンは…

 

 

 

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事