マニュアルはいらない

 

『 マニュアルはいらない』

 

今日は、軽く笑い話。

私はマニュアルはいらないと考えています。

 

それにより、会社の業績は向上しました。

スタッフの力もつきました。

どうやって実現したかをお話します。

 

 

 

マニュアルは手順書、仕事のやり方や漏れをなくす為のもの

 

その目的のためには必要でありがたいものです!

 

しかし、目的を勘違いして型式だけを重んじると、カウンターにてハンバーグを

10個頼んだお客様へマニュアルに従って、笑い話のようなことが起こります。

 

「お持ち帰りですか? 店頭でお召し上がりですか?」

 

こんな話の例はあり得ませんが、お客様対応は千差万別。

マニュアルにこだわることなくお客様も社員も “WIN・WIN”の結果が得られるのがベスト!ですね。

 

つまり、当社では、ベテランスタッフはもちろん、新人さんでもある程度の慣れたら失敗覚悟で、思うようにやってくださいと任せています。

 

絆のあるお客様は、たとえ辿々しくてもニコニコして受け入れてくれるものです。

 

いきなり達人の人は、世の中に一人もいません。

 

デジタルの溢れている世の中。

心の通った応対をすることで、差別化すると自然と業績も上がってきます。

 

 

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事