ペッパー君は剣玉 決して落とさない

 

『ペッパー君は剣玉を決して落とさない』

 

 

IoT 全てが繋がるわかりやすい例


まずはコチラをご覧ください!
[AI Lab] Pepper robot learning “ball in a cup” – YouTube

 

ペッパー君に剣玉を教えます

Lくりかえし練習します!

L初めは全くできる気配はありません!

L70回目でちょっとかすりました!

Lどんどん進化し100回目で成功!

L一度成功したら2度と失敗しません1

 

ここで言いたいことは剣玉の成功ではありません。

 

 

IoTとはあらゆるものがインターネットで繋がることです。

 

このペッパー君の仲間が1000人(体?)いたとします。

 

1人のペッパー君が剣玉を学習して剣玉に成功したら、一瞬でそのやり方を送信する同時に、1000人のペッパー君全員が剣玉を乗せることができるのです!

 

 

このことを車に置き換えてみます。

ある交差点で自転車が飛び出してきて危ない目にあった。

 

そのことをペッパー君の剣玉と同じように、この状況を繋がっている車に送ります。

すると、繋がっている車全てがこの交差点に差し掛かった時に、全ての車が交差点を注意して走るのです。

 

IoTの可能性は無限大です

 

 

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事