ノートについて考える その2/3

 

『ノートについて考える その2(全3回)』

 

ノートには、3つの役割があるのを知っていますか?

 

メモは【memorandumの略】。

では、ノートとの違いは何でしょうか?

英語での意味は、微妙に違いがあるようですが、ほとんど同じ意味に使われているように思います。
メモもノートも記録するもの、“備忘録”と思っていますよね。

 

前回も書きましたが、私もノートやメモについて深く考えたことはありません。

 

 

ノートには3つの役割があるのです。

 

【勉強ノート〜“覚える”〜】

 

・会議や打ち合わせ、講演、出来事などを記録して忘れないようにする。

・覚えるために記録する。

・記憶して理解、知識として定着する。  

 

【仕事ノート〜考える〜】

 

・物事の本質を見極め、問題点を探して書く。

・解決策や結論を引き出すために書く。

【プレゼンノート〜伝える〜】

 

・集めた情報から必要な情報を整理して示す。

・解決策や企画をプレゼンする。 

 

ついノートを単に「記録」で終わらせていませんか?
この覚える」「考える」「伝えるを意識するだけで会議の進め方などが劇的に変わります。

 

3回目は、具体的なツールをお知らせします。

 

【高橋政史著「頭がいい人はなぜ方眼ノートを使うのか」かんき出版】より

 

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事