ノートについて考える  その1/3

 

 

『 ノートについて考える その1(全3

回)』

“ノートの取り方”はどのように変わってきたか・・・

皆さん、ノートについて考えたことがありますか?

 

 

ノートへの意識は

【幼稚園〜小学生】
幼稚園;お絵かき帳

小学生;学習帳、文字や絵を書く事でノートに出会う

 

【中学生〜高校生】
・板書が中心

・ノートの取り方や綺麗さなどの工夫も始まる

 

【大学生】
・目的はさまざまになり、レポートや論文のデータとしての目的
・ノートの貸し借りなども出てくる

 

【社会人】
・会社などの組織での戦略的ツール

・会議やプレゼンでとても重要な位置を占める

 

 

人生のステージによってこのように変化してきました。

 

私は2019年8月、これを知っていたら人生が大きく変わった(大袈裟?)と言うくらい衝撃的なことがありました。

 

それは、中学2年の孫に誘われて「ノートの取り方セミナー」に行ったことでした。
そもそも、ノートそのものについて考えたことがなかったのです。

 

「ノートの取り方」についてを3回シリーズで書いていきます。

 

【高橋政史著「頭がいい人はなぜ方眼ノートを使うのか」かんき出版】より

 

この本には、図解入りでわかりやすく書いてありますので、お勧めです!

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事