ある日の社長と社員の会話

 

『ある日の社長と社員の会話』

 

がんばってはいけない”・“ありがとう経営”

 

 

〜ある日の社長と社員の会話〜

社長:「みなさん、仕事はガンバってはいけませんよ。」


社員:「えっ! がっ、がんばらなくていいですか?」


社長:「がんばらなくていいのではなく、いけないのです。」
   

社員:「?????」

 

 

 

社長:「“がんばる”からどんなイメージが浮かびますか?」

社員:「きつい・ノルマ・お願い、等等」


社長:「ですよね。がんばるとどうしても売らなければならないとなり、つまり、心からの笑顔ができませんよね。お客様は、それが雰囲気(波動)で分かってしまうのです。」


社員:「なるほど、マニュアル的に笑顔をしても「売り込まれる」と感じるわ けですね。」


社長:「そのとおり!」

   「実は、売ってはいけないのです。」 

   「どうしたら、お客様が買いたくなるかを考えることができるようになるのです。」


社員:「売らなくていいですよね。買ってもらえるように考えるのですね。」

   「なんだかウキウキしますね。」


社長:「そうそう、その笑顔ですよ!」

   「私たちがウキウキ笑顔になると、お客様もつられてウキウキ。」

 

ありがとうございます。

 

 

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事