あっという間に無くなった職業

 

『あっという間に無くなった職業』

テクノロジーの進化で、無くなる職業がスピードアップしています。
たった4年前なのに、すでに忘れ去られている職業が一杯ある。

〜次の記事は、私が2015年4月に書いたブログ写植です〜

 

 

私が、かばんを持って新車の販売に回っていたころ、町工場いっぱいに文字の駒が並んでいた。

虫眼鏡を見ながら、すばやく目的の文字の駒を並べていく。

職人技がすばらしかった。

印刷をする原盤に、文字を一つ一つ並べていく気の遠くなるような作業。
 
ある時、世の中に全く無くなったことに気がついた。  
ワープロができていたのだ!

私が、事業展開していた“使い捨てカメラ”。
もう、思い出すことも少なくなったが、全て撤退してから10年は経っていない。

 

 

【自動ブレーキが普及し始めた】→5年後のなくなる職業は?
【3Dプリンターの進化が目を見張る】→8年後に無くなる職業は?
【ドローンの存在が脚光を浴びている】→10年後に無くなる職業は?〜

 

 

今や、フイルムカメラはレトロ入り。
家庭用3Dプリンターで、自分そっくりのフィギャーを作ったり、おもちゃやお菓子の型、壊れた家具の部品などができちゃいます。

 

ドローンで地図作りや測量、人を乗せるものまですでに現れています。

 

あっという間に消えて無くなる職業が、ゴロゴロしています。

 

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事