「やらされ感」を「やりたい感」に変える方法

 

『【やらされ感】を【やりたい感】に変える方法』

 

 

 

やらされ感】をなくす4つの取り組み

 

①目的や意義をしっかり認識させる。

 

この仕事が何になるのか、その仕事の意義がしっかり分からないと【やらされ感】になってしまいます。

最初のメルマガ煉瓦職人の話のように、同じ仕事でも目的を持つことで【やりたい感】やりがいに変わります。

 

一方的に指示をされた場合、自発的なやる気は起きず「やらされ感」に。

 

②立候補を募る

 

自分から立候補した場合は、当然、【やりたい感】ですね。
立候補したくなる、または、立候補しやすくなる仕組み作りをしていきます。

 

 

③ そのプロジェクトを任せる
 

自分でやり方を決め、小さな成功体験を感じさせることが大切です。
 (相手の見定めも必要です、重荷になると逆効果)

 

④チームで取り組ませる
 

仲間同士の助けあいで自発的なやる気が湧き上がります。

 

上司が、個々の部下に仕事を割り振るのではなく、チームとして取り組ませます。
メンバー1人1人が自分の役割を持つが、あくまで達成は「チーム」。

 

助けてもらった人は、恩を感じその人が困っていたら助けるという返報性の好循環が生まれていくのです。

 

YouTubeも配信中!ぜひ、ご覧ください。

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事